パーフェクト・サイトシーング

jmiin.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 12日

良い感じです

K-7 良い感じですよ。ホント。
f0010196_203338.jpg

SMC PENTAX-A ZOOM 35~105mm 1:3.5 + K-7



K-7 買いました。

レンズキットですが、レンズは嫁ハンのK-mへ渡りました。奴は今月誕生日なので、まぁプレゼントって事で。^^;

さぁて、色々と難儀なカメラの様ですが、別にそんな事なかったです。ひょっとして、僕のはエージング済みなのかな?^^;

●質感
手に取った瞬間から、金属のひんやり感が楽しめますね。これは凄くモチベーションが上がります。
しかも嬉しかったのは、机に置いた時。K10Dと比較すると、「ごとり」 と言う音の、「堅さの質」が違います。剛性感のある音にしびれました。
持ち心地もかなりポイント高いです。

●ファインダー
暗いと言われていましたが、コレを暗いと言っていたのぉ? と少々驚きました。全然暗くなんかないじゃないですか。しかもピントの切れもK10Dとは比較にならない位に良くわかります。流石ペンタックス。やれば出来るじゃん!
てか、K10Dの時からやっててくれよ!

●シャッター
なるほどかなりライカの様な静かな音です。そして、伝統のミラーショックの少なさ。
「かしゃこん」と言う音で、しかも静かです。雑踏の中では切れた感じは音からは伝わりません。

●AF
使わないので解りません^^; おいおい。

●高感度ノイズ
我慢が出来るのは1600までですかね。これでもちょっとノイズは目立つので、ペンタックスは基本、風景カメラなんだと改めて思いました。でも、子供の剣道写真にガシガシ使ってやりますが。
そして。
勝手な憶測ですが、ノイズリダクションは、このK-7から、「off、小、中、高」 と効果を選択出来る様になっていますが、今までのK10DやK20Dから見るとK-7はノイズリダクション的にはjprのRAWなのだと思いました。そこに対して、ノイズリダクションが必要に応じてかけられる様になった、と見ています。ISO200でも、offにして撮ると、jpgでは見るも無惨な、と言うかびっくりのザラザラ写真が撮れてしまいます^^; jpg撮りには遠慮せずにノイズリダクションを「高」にしましょう。

●連写
まぁ気持ちよいのですが、普段は使いません。だからノーコメントです。

●甘く見える画質(jpg)
どこが? 僕にはそう思えません。

ただし、一つ気になる事が。
jpg閲覧方法で、ディスプレー上の見え方が大きく変わりますね。
僕は昔から「xnview.exe」と言う閲覧ソフトを使っているのですが、これで見るとK-7で10M ★★★★ で撮った写真は、目を疑う様な、ザラザラな写真になりました。所が「Windows Picture and Fax Viewer」で見ると全然そんな事ありません。普段使っているPhotoshop 5.5でも綺麗でした。ひょっとすると、解像度と圧縮の兼ね合いから、閲覧方法によっては、ひどく見える事があるのかも知れません。損なカメラですねぇ。

●ホワイトバランス
K10D、20Dと比較して、精度が上がった、と言う話を聞きますが、そんな事もないけどなぁ。と思いました。雰囲気としては、K-mにかなり似ていると感じました。K10Dに比較して、少しウエットな感じ、と言えば伝わるでしょうかねぇ。

▲総評
かなり良いです。K10Dと比較すると、軽くて小さい。そしてピンの山が掴みやすいファインダー。これだけでもモチベーションが上がると言うのに、シャッターが快適。
もうこれだけで十分です。根拠も無く、写真がうまくなったと思っています。^^;

どですかでん?
[PR]

by jmiin | 2009-07-12 20:31


<< やばい      うへへ >>