パーフェクト・サイトシーング

jmiin.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 01月 ( 40 )   > この月の画像一覧


2008年 01月 31日

安心できるか?

撮った時は何気なく撮ったのですが、後になって見返してみると、なかなか味な看板です。
f0010196_20362942.jpg

行く勇気があるか? 安心できるか? リンバオイルとはなにか?

エルマー 3.5cm 1:3.5 + R-D1
[PR]

by jmiin | 2008-01-31 20:38 | Comments(6)
2008年 01月 30日

大人の国

宮崎に「子供のくに」って言う遊園地があるんです。その隣に「大人の国」って作るとかなり怪しそうな感じで面白いと思うんですね。
f0010196_20184995.jpg

エルマー 3.5cm 1:3.5 + R-D1
※ 写真は文章と関係ある感じもします。
[PR]

by jmiin | 2008-01-30 20:21 | Comments(2)
2008年 01月 29日

もうちょっとお付き合いを

僕の中でライカのレンズを使う、と言う事は、どこか安心感を買う、と言う事に繋がっていた様な気がします。


一番初めにライカM6とズミクロン50mmとMロッコール28mmを使った時、それまで使っていたニコンやサードパーティのレンズが玩具の様に感じる事が多々ありました。昨日、ここで話した様にレンズのラチチュードが全然違うからです。当時はそんな事を言葉で説明出来ないで、ただただ「凄い!」「なんじゃこりゃ!」の連続でしたが(笑)

そこを通り過ぎたら、徐々にライカのレンズを使っていれば、安心安心。と言う世界になってしまっていた様です。

今回エルマリートなるレンズを買って、(それもバカにならない金額で)写し出される写真の数々を改めて見て、「凄い!」「なんじゃこりゃ!」の連発です。

f0010196_2144978.jpg


そうです。それはレンズのラチチュード、と言う包括的な表現でないと伝えられない独特の雰囲気が有って、それが僕を魅了しているのです。
実は手持ちの他のライカレンズでも色々と改めて撮ってみたのですが、撮れば撮るほどに、同じ傾向、同じ雰囲気を感じる様になってきました。メーカーとして、ひとつの世界観を持っているのでしょうね。
それに、一目見ただけで「あ」と思わせる画が撮れる、と言うのも凄い事だと思います。

もう少し真剣にライカのレンズと付き合おうと、思っている所です。

エルマリート 21mm 1:2.8 1st. + R-D1
[PR]

by jmiin | 2008-01-29 21:48 | Comments(3)
2008年 01月 28日

ヤバイ

ヤバイです。妙においしいです^^;ははは。
f0010196_219082.jpg

SMC PENTAX-DA 1:4 16-45mm ED AL + K10D
[PR]

by jmiin | 2008-01-28 21:10 | Comments(10)
2008年 01月 28日

コントラストが高いと言う事。

ちょっと解ってきた気がします。

よく、レンズ本で「コントラストも高くて......云々」 と言うのを見かけますが、ちょっと不思議だったんです。
フォトショップなんかで「コントラスト」と言うのを触ってみると、極端に濃淡だけの2階調の様に堅くなります。白黒の印画紙でもコントラストが高くなる号数を選択すると同じ様な傾向です。
要はコントラストが高くなる、と言うのは「濃淡の2階調になって行く」=「堅くなる」 と解釈していました。するとレンズ本によく有る「コントラストも高くて......云々」と言うのは=「堅くなる」と言えるのではないか? と。

それは描写としては少し違うんじゃないかと思うんです。

だってライカ、ライツのレンズでは独特の階調の良さ、幅広さがあると思っているので。そんな2階調に見える「堅い」調子は違うと思うんです。

だから不思議だったんです。この「コントラストも高くて......云々」 と言う奴が。

f0010196_2043953.jpg

でも、レンズのコントラストが高い、と言う事はラチチュードが広い、高い、と考えれば良いのではないか? と......
それがレンズのコントラストなのではないかと......

とにかくこんな事を色々を考えさせられるこのレンズは買って大正解でした。満足です。

すいません。コテコテのレンズの話で^^;

エルマリート 21mm 1:2.8 1st. + R-D1
[PR]

by jmiin | 2008-01-28 20:56 | Comments(8)
2008年 01月 27日

所で皆さんこんなお酒ご存じですか?

ブラジルのお酒で「カシャーサ51」と言うお酒。
f0010196_22145660.jpg

スピリッツで「51」なのになぜかアルコール度数は40°サトウキビの絞りカスで作ったお酒なのだそうです。サントリーが輸入業者ですし、ジャスコで売っていたので、まぁ変な物ではなかろう、と言う事で買ってみました。

なかなか不思議な味です。

匂いは良くできた焼酎です。と言うより焼酎の濃縮版。まぁ原料も似ていますしね。焼酎自体が蒸留しているのでアルコールの取る量を変えればまんまスピリッツですからねぇ。
沖縄泡盛の中には殆ど同じ理屈のお酒もあるでしょう。ただ、サトウキビのカスの割に、なんとなくイモっぽい感じです。

口に含むとなんとも言えない風味が思わず笑いを誘います。

凄く濃い焼酎なのですが、どこか洋酒の風味を感じます、なのにクサイのです。どこか垢抜けません。正に「さつま白波」 なのに甘くて、まずうまです^^; 「どっちやねん」 と思わず突っ込みを入れたくなります。

顔をしかめながら飲んでしまいます。不思議なお酒です。

SMC PENTAX-M 1:2.8 100mm + K10D 良くヌケますね。気持ちいいです。
[PR]

by jmiin | 2008-01-27 22:19 | Comments(3)
2008年 01月 27日

エルマリ 銀塩

フイルムでも(と言うよりライカででも)撮っておかないと。と言う事で。

ライカレンズのコントラストを感じます。#ベンチの艶。#
f0010196_21242898.jpg


線の細さもなかなかです。
f0010196_21252453.jpg

エルマリート 21mm 1:2.8 1st. + M3 (富士フイルム ISO400 銘柄忘れました)

やっぱり天下の21mm。ドーンと広い範囲が写ります。気合いを入れないとヘタレな構図を量産しそうで怖いレンズですね。だた、この写真では分かりにくいですが、細部まで、端の端までピントさえ合わせれば、写真の隅でもキッチリとピンが来ます。流れる、ぼやける、などの妥協は一切感じません。流石にライカのレンズ。唸ってしまいます。
だからこんな写真の様な、広い空間を広く見せる撮り方も面白いのですが、狭い所でごちゃごちゃした物を沢山写し込む、と言う写真も、銀塩の場合は広い範囲だけに面白いでしょうね。
[PR]

by jmiin | 2008-01-27 21:40 | Comments(6)
2008年 01月 27日

慣れ

かっこいい写真をビシッと撮るには、ヘイポー35mmファインダーへの慣れが必要です^^;
f0010196_15483576.jpg

エルマリート 21mm 1:2.8 1st. + R-D1
[PR]

by jmiin | 2008-01-27 15:50 | Comments(4)
2008年 01月 26日

今日一日だけ.....

いやもう嬉しいんです。それだけ。

赤を探してしまいます。それ故に赤が見つかるとうきうき、ワクワク^^;
f0010196_22264445.jpg

エルマリート 21mm 1:2.8 1st. + R-D1
[PR]

by jmiin | 2008-01-26 22:27 | Comments(2)
2008年 01月 26日

嬉しいんです 単純に

いやいや、ガキの次元です。今日は枕元に置いて寝たいのですが、寝相が悪くてコワイので、枕元には置きませんが。(笑)
f0010196_20141824.jpg

青玉丸出しの画ですね。
※「青玉」 仕上がった色がちょっと青系に偏って写るレンズの事。カラーが青に偏るとその写真はなんとなくシャープに見えるのですが、やはり冷たく見えるので嫌う人は嫌います。ただ、ちょっと暗めに撮るとこってりした色合いに見えるので僕は好きです。

エルマリート 21mm 1:2.8 1st. + R-D1
[PR]

by jmiin | 2008-01-26 20:19 | Comments(4)