2007年 09月 10日

泣かせる話

今日は健康診断でした。

さて、実はそんな事とはあまり関係無い話ですが(最後に関係してきますが) 今日新しい(?)レンズを買いました。
神戸、元町のあるカメラ屋さんで、去年の10月に見つけたレンズなのですが、そのレンズを今日買ったのです。

モノはキャノンの25mm f3.5 (L) ファインダー付き。

先に書いた様に、去年の10月にそのカメラ屋さんで見つけたのですが、その時には同 19mm f3.5 (L) ファインダー付きもありました。13万円。そして25mmは6.15万円。
要はキャノンのレンズが19mmと25mm 2本、両方ともファインダー付き、と言う状態です。

去年の10月に見つけた時に両方とも非常に綺麗な個体だったので、ちょっと驚いたのですが、その頃はたまたま持ち合わせが無くて、しかももうすぐ出るK10Dを買いたい、と言う事で緊急自粛体制故に、「欲しい」と言う感情より、「我慢」の方が強くて、「ま、縁がなかったんだ」 と諦めました。
所が先日土曜日にそのお店の前を通ったので、なにげなくショーウインドウを覗くと、25mmがまだその場所に置いてあるのです。「また違う個体なのか?」 と思いつつ、気になるのですが、しみじみ見ちゃうと欲しくなるのでチラ見でその場を離れました。
しかしなんとも気になります。僕より年上のレンズなのですが、非常に綺麗な状態で、去年の10月に見たモノと被ります。
気になって気になって、今日の健康診断でも、胃透視中、エコー中、血液検査中、ずっとこのレンズの事を考えていました。たぶん胃の写真にレンズが写っている筈です。

耐えられなくなって健康診断後、下剤を飲んだその足で、そのカメラ屋さんへ直行。^^;

やはり去年僕が見た個体で、非常に綺麗、しかもメーカーオーバーホール済み。そしてメーカーからは「新品同様なので特になにもしていません」との事で帰ってきたとの事。実際ファインダーの皮ケースは完全な新品状態。ピカピカ。そして皮の香りがします。

持参したR-D1に付けさせてもらって、試写させてもらいました。凄い写りです!しかも6.15万円は安い! ご購入となりました。

去年は19mmもあったんじゃ? と聞いてみると、
「あ、アレもご存じでしたか、先月アメリカ人が買って帰りました」と。
カメラ好きのアメリカ人。観光半分カメラ漁り半分で日本に来て、いろんなお店に立ち寄ってキャノンの19mmも探していたのですが、名古屋で9万で見つけたが、程度が悪かったので買わないでいた。神戸の方がファンタスティックで13万は安い! と言ってキャッシュで(しかも銀行でお金を下ろして)喜んで買って帰りましたよ。と。

この2本。両方とも同じオーナー所有だったそうですが、目が悪くなり、使わないので使う方に処分してくれ、との依頼でそのお店に来たそうです。オーナーさん今は入院中なんですよ。との事。19mmはアメリカ人が買って帰ったと言う事で売れた事に、うれしさ半面、寂しさ半面の複雑な気分ですね、と元オーナーと話したのですが、こうして使ってくれそうな(僕の事)人に買ってもらえてオーナーさんも喜ぶでしょう。報告しておきますね。ありがとうございました。と言われました。

今までレンズを買ってこの様に感謝された事なんか一度もありません。大切に使わせてもらいます。

どんなオーナーさんか知りませんが、僕も、この出会いに感謝せねばなりません。
f0010196_2054464.jpg

f0010196_20552164.jpg

キャノン 25mm f3.5 + R-D1

小さなレンズからは想像も出来ないシャープな切れ。そしてカラーも偏りは感じません。周辺光量も十分で、なかなか使いやすそうです。小振りで広い範囲が写るレンズが欲しかったのでとても満足しています。
[PR]

by jmiin | 2007-09-10 20:59 | Comments(0)


<< 面白いレンズ      この視線です >>